スポーツにもクラシック


9日から韓国のピョンチャンで冬季オリンピックが始まりました。
天気に恵まれていないようですが、先ほど男子モーグルの原大智選手と女子スピードスケート(1500m)の高木美帆選手がメダルを取りました。
おめでとうございます!これから出場の選手もがんばれ~!

今はジャンプの女子ノーマルヒルを見ながら書いてます。おおお、今度は高梨沙羅選手が銅メダル!
今シーズンは調子がイマイチだった様ですが、よくやったと思います。

…って、中継はこのへんでw

先月と今月の音楽鑑賞は、そのオリンピックにちなんでフィギュアスケートで使われている曲を採り上げています。
1月は、ヴィヴァルディの「四季」より“冬”を聴きました。全3楽章。
クイズに「今シーズンこの曲を使っているオリンピック選手はだれでしょう?」と出しました。

答えは宇野昌磨選手です。ショートプログラムで、第3楽章→第1楽章の順に流れています。
“冬”は、過去にも使った選手が何人かいました。
第1楽章は、最近車のCMでも使われていますね。

今月は…まだこれから鑑賞する生徒さんがいるので、何を聴いたかはまた後日。
こちらも、今シーズンのフィギュアスケートでオリンピック選手が使っている名曲です。
もちろん過去のシーズンでも度々使われています。

今月の曲も、フィギュアスケート以外にも様々な所で流れるので、クラシック音楽に馴染みのない方も一度は聞いた事はあると思います。
これから聴く生徒さんは、乞うご期待(大げさw)!

フィギュアスケートは団体が終わり、14・15日にペア、16日から個人が始まります。
鑑賞で採り上げた曲以外にも、何曲かのクラシック曲が出てきます。クラシック以外も名曲揃いです。
演技ももちろん、音楽にも注目してくださいな。

コメントを残す