音楽教室への著作権料徴収


先日(2月2日)、驚くべきニュースが飛び込んできました。
日本音楽著作権協会(以下、JASRAC)が、音楽教室に「演奏権」として著作権料を徴収する様です。

私が初めに見たニュース記事はこちら

今のところ大手教室が対象との事ですが、いずれ個人教室も対象になるのでは…と考えています。
当然のごとく、大手教室側は反発しています。当たり前じゃ~!

演奏権って何さ!?レッスンで講師が生徒に聞かせる行為が「演奏」???
有料のコンサートならまだしも、レッスン中で弾くのが「演奏」って。
レッスン中に弾かずしてどうやって教えろと?念でも送れってか(違)。

音楽教育ってそもそも、教える側が聞かせて教わる側が真似て…から発展したんだし。
今でも伝統芸能等では、口伝という方法がとられています。

楽譜は西洋式のメモ。記録と、楽曲を大勢に広く知らしめるための手段。また、売れば商品になります。
楽譜がある事で、その曲を聞いた事がない人でも演奏可能になります。

現代の音楽レッスンは、口伝・楽譜両方の手段で行なっています。

JASRACの言い分としては「レッスン料を取っている=営利=有料」なのだから…との事。
(ちなみに学校教育は非営利なので当てはまりません)

講師はレッスン中に弾いてレッスン料を頂いているのではありません。
「弾くための全てを教える対価」として頂いています。技術と知識を売っています。
その過程で、断片だけでも聞かせる事が、不特定の公衆への演奏?

とは言え、JASRACの言い分もちょっとは理解できます。
それについては、こちらこちらの記事を。
上記の二つを読むかぎり、まったく徴収ナシという訳にはいかないかも知れません。

私も、音楽がタダなどとは思っていません。
作曲家をはじめ制作に携わった人たちの権利は守られるべきだと思うし、JASRACの役割も理解しているつもりです。
だけど、今回の方針には断固反対します。

続く。

2 thoughts on “音楽教室への著作権料徴収

  1. なっく

    皆、業界人がかつてに比べてジリ貧になったからしょうがないところはあるね。小室全盛期のようにCDが今でも売れているならわざわざ改めて零細から徴収する必要なかったんだわな。

    1. tonfarbe Post author

      確かにCDが売れなかったり、コンサートのチケットが売れなかったりの様ですが…。
      今はパッケージ商品以外に配信もあります。コンサートも数は少ないですが、有料でネット中継されることもあります。
      コンサートがテレビで放送(主に有料チャンネル?)されることもあります。
      楽譜も、ダウンロード販売もあります。

      薄利多売で(←しかも売れない)業界全体の収益は落ちているのでしょうけれど、上記のような新しい販売形態があります。
      もっとも、売るのはJASRACの仕事ではないので、販売社に頑張ってもらうほかにないですね。

      著作権収入を維持または上げるために他から徴収…だとしたら、JASRACの組織維持のためとしか思えません。

コメントを残す