おめでとうございます♪


今日の夕刊に、ジュネーブ国際音楽コンクールの記事がありました。

何と、ピアノ部門で日本人が初優勝したそうですクラッカー
すごい快挙ですね。
紙面は写真つきで、けっこう大きな見出しの付いた記事でした。

…一方、先月行われたショパンコンクールの方は、出場していた日本人が全員2次予選止まりだったためか、ものすご〜く小さい記事でした汗
テレビのニュースでは報道すらされていなかったような…。
今回はショパン・イヤーであり、45年ぶりに女性の優勝者が出ましたが、それらがなかったら新聞ですら載らなかったかも知れませんね(?)
もちろん、クラシック関連の雑誌では特集組んでいます本

日本人が入賞するのとしないのとでは、こうも差があるとは。
知名度で言えば、ショパンコンクールの方が遥かに上でしょうに。

毎日のようにたくさんのニュースが報道されるので、日本人がそれなりの成績を収めないと話題性としては乏しいのでしょうね。
まぁ、どの分野にもいえる事ですけれどね汗

コメントを残す