姿勢よく座りましょう


たまにはピアノ教室っぽい事を書かないとね…えへへ…

8月に子供発表会を終え直後に夏休み突入。
レッスン再開から1か月が経ちました。

・・・・・。
・・・・・。
・・・・・。

ん???

発表会前に「姿勢が良くないから、背すじ伸ばして座ってねかお」と座り方を矯正した生徒さんが何人かいました。
発表会当日は、どの生徒さんもしっかり座って弾いていました。

ところが、1か月経った今はすっかり元通りに…ガクリ
もちろん、発表会が終わってからも良い姿勢で座っている生徒さんもいます。

こりゃ、いかんが〜ん

…というわけで、年内は「姿勢矯正月間」と勝手に命名。
ピアノを弾くときの座り方を徹底的に矯正します。

座り方って、ものすごく重要です。バカにできません。
姿勢が良くないと、上手に弾けません。
手(指)の形や表現どうこう以前の問題です。

座り方が良くないと、学校での授業や日常生活などでも、シャキッとしないというか。
集中力も長く持ちません。
それだけでなく、大きくなった時にお腹ポッコリさんになってしまいます。
背中も丸まってスタイルも悪くなります。

見た目の悪さだけではありません。
姿勢が良くないと体が歪んで色々ガタが来ます。
将来ほぼ間違いなく、肩こりや腰痛持ちになるでしょう。
当然、子供の成長に悪影響を及ぼします。

悪い癖って、そう簡単には治りません。
こちらも腰を据えてかかりますので、子供の生徒さんたちはお覚悟をシャキーン

コメントを残す