Prima Donna


お盆休みが終わってレッスン再開しましたが、この一週間で半数の生徒さんがお休みしたので、何となくスロースタート。
さて、ものすごく久しぶりにYouTubeに投稿しました。

「オペラ座の怪人」のサントラより「Prima Donna」です。一人連弾しています。

楽譜はとっくにできあがっていましたが、なかなか腰が上がらずようやく撮りました。
今回も音は電子ピアノのものですが、映像はいつものビデオカメラではなくiPhone7で撮ってます。
スマホ用のアダプタを買い、ビデオ用の三脚の雲台に取り付けました。

画面の形状の都合で長細くて画面真ん中が空いたので、テキトーな写真と動画編集ソフトにある効果を入れました。

この曲のシーンのあらすじはざっくりと説明すると…

オペラ座の地下に潜む怪人は、劇場運営と自身への待遇への約束が守られずに苛立っています。
そこで次回公演に対していくつかの要求をします。

その中の一つが、“カルロッタを脇役へ、クリスティーヌを主役に”というものでした。
もともと劇場のプリマ・ドンナであるカルロッタは激怒。
それを支配人のアンドレとフィルマン、テノール歌手のピアンジが必死におだててなだめます。

カルロッタはすっかりその気になって上機嫌で主役として舞台に立ちますが…要求が通らなかった怪人は様々な報復に出ます。

二人の支配人とピアンジ、カルロッタとコーラス隊による歌です。
とても大袈裟な演出が施されます。ある意味、おバカなシーンですw
いずれも笑わせるというか、笑われる側の役どころです。

それではどうぞ!

 

 

コメントを残す