大人のコース

空き曜日と時間は変わる事があります。

♪2024年4月以降、空き状況は以下のとおりです♪
・月曜日16時10分
・火曜日16時、20時30分
・水曜日16時50分、20時30分
・木曜日16時

・金曜日16時50分、17時40分
昼間の早い時間帯を希望の方は木曜日にできます。時間はお問い合わせください。一部の時間帯は45分レッスン枠(初級者対象)です。

体験レッスンお申込み・お問い合わせは“お問い合わせページ”よりお願いします。


グランドピアノでの個人レッスンです。初めての方でも基礎が身につくレッスンを目指しています。昔は子供の習い事の定番でしたが、今は大人で習う方も増えました。そのため、大人用の初心者向け教材もあります。まったく音符が読めない初めての方もご安心ください。

習った経験のある方は、ブランクの有無や使っていた本などのお話を伺ったうえで、テキストやレッスン曲を決めます。練習してもうまく弾けない・手が痛い・肩がこるなど、ピアノを弾くとどこか不調なんて事はありませんか?ピアノを弾くと起こりがちな身体の痛みや不調は、身体の使い方で解決できます!できるだけ楽に、身体が痛くなりにくい弾き方を追求していきます。

当教室のレッスンは、お一人や少人数で楽しんだり、ホームパーティーや結婚式の余興で演奏したりなど、身近なところでお役に立てています。小学校・幼稚園教諭・保育士の認定試験や採用試験を予定している方や、現役の先生方へのレッスン(伴奏や、指導のためのアドバイスなど)も可能です。

発表会は1年半に1度。次回は2024年11月を予定しております。子供の発表会とは別々の開催です。


どんな人が習いに来てるの?

現在在籍中もしくは過去に在籍していた方は、趣味の方もいらっしゃれば資格や仕事で必要な方もいらっしゃいます。

♪まったく音符が読めない初めての方
続きを読む

“ずっと習いたかったけれど機会がなかった”
身近に習っている人がいて、うらやましいと思っていた…なんて事はありませんか?ここを見た方はきっと教室を探している方かと思います。今がその機会です。ぜひ、体験レッスンにお越しください!

“子供のころは興味なかったし、学校の音楽も嫌だった。でも急に習ってみたくなった”
興味がわいた時が始め時です!体験レッスンお申込みお待ちしております♪

“子供が習っていたけれどやめてしまい、ピアノがあるのに使わないのはもったいない”
そうです、もったいないです!ピアノは子供だけの習い事ではありません。大人も習って良いのです!

♪子供の頃に習った事がある方
続きを読む
“他の習い事、部活、受験、進学や就職でやめてしまった”
学年が進むにつれてやる事が増えて忙しくなりますね。練習時間が取れなくなるのも仕方のない事です。ここをご覧の方は、今は時間ができたのではないでしょうか?再開してみませんか?

“思うように弾けなくて嫌になった”
こちらもピアノをやめてしまう理由の一つです。レッスン曲が難しくなると、弾けるようになるまでの時間がかかります。なかなか根気がいります。もう一度チャレンジしませんか?

♪子供の頃に当教室に入会、気が付けば20年以上!
続きを読む
ありがたい事に、長く続けている生徒さんもいます。とは言え、受験時に一時休会しました(なんと一回も休まなかった強者も!)。
♪大人になってから当教室に入会、気が付けば10年以上!
続きを読む
大人になってから1から始めて、あっという間に10年経過。こちらもありがたい事に、長く続けてくださっています。難曲にもチャレンジできるほどになりました。

♪保育士・幼稚園教諭・小学校教諭を目指す方
続きを読む
“先生になりたくて学校に入ったけれど、ピアノを習ったことがなくて学校のレッスンについていけない。習ったことのあるクラスメイトは最初から高度なレッスンをうけていて、早く追いつきたい!”
“社会人枠での採用試験を目指して大学の通信の講座を受講。ピアノを習ったことがなくて単位取得や認定試験が不安”

保育士・幼稚園の先生・小学校の先生になるには、バイエル後半~終了程度(目安)のピアノが求められます。指導する曲の伴奏の難易度が、大体バイエル後半程度以上だからです。子供の頃に短期間でも習ったことがあれば、あまり難しいことではありません。ですが学校に入って初めてピアノにさわる方にとって、「卒業までにバイエル終了」は大変に感じるかもしれません。音楽理論の基本やコードネームなど、少しでも楽に弾けるコツや知識もお教えし、免許取得のお手伝いをします。

♪上記の現役の先生で、指導方法に困っている・伴奏が難しいと感じる方
続きを読む
“先生用の指導書を見ても、どうやって教えれば良いのかよく分からない”

採用試験でピアノが免除されるところが増え、指導用CDもあるけれど…知識も技術ももう少し欲しいという先生もいらっしゃいます。先生になった後でも、指導方法でお困りのことがありましたらアドバイスをします。ピアノが面白くなってきて、趣味としてそのまま続ける方もいらっしゃいます。


レッスンの流れ

1~3はソルフェージュと言います。音楽をするうえで欠かせない基礎知識・練習です。初めて習う方はレッスンのはじめに必ずおこないます。経験者は必要に応じておこなうこともあります。

1・リズムを覚えます(初めて習う方対象・初回レッスンから開始)
続きを読む
始めにリズムカードを使って音符・休符の数え方や打ち方、拍子を覚えます。カードを組み合わせて様々なリズムパターンを学びます。リズムカードは初めて習う方が対象で、初回レッスンから一定期間(数か月程度)おこないます。経験者で基礎がある方は省きます。

リズムカードのダイジェスト動画を作ってみました。子供の生徒さんの動画ですが、初めて習う大人の生徒さんもおこないます。リズムはソルフェージュのひとつ。基礎をしっかり作ることで、上達への近道となります。

2・両手のリズム練習(初めて習う方対象・テキストが少し進んだら開始)
続きを読む
講師所有の教材を使って、両手でのリズム打ちをします。ピアノは両手別々の動きをするので、両手打ちの練習も必要です。こちらも初めて習う方が対象、リズムカードに少し慣れてから一定期間(数か月~数年)おこないます。経験者で基礎がある方は省きます。

両手のリズム打ちのダイジェスト動画を作ってみました。子供の生徒さんの動画ですが、初めて習う大人の生徒さんもおこないます。

3・オリジナル教材でヘ音記号の読み練習(初めての方対象・初回から開始)
続きを読む

ピアノの楽譜はト音記号とヘ音記号の2種類をいっぺんに読みます。残念ながら、ピアノ挫折の理由の一つに“ヘ音記号が読めない”というのがあります。

この教材は一つ一つの課題を短く作ってあり、短時間で学べます。読み練習のほか、左手で弾く練習にもなります。初めて習う方が対象、ヘ音記号の音符が読める方は省きます。

4・ピアノを弾いてレッスン
続きを読む
実際にピアノを弾くレッスンです。座り方・姿勢・適切な体の使い方など、無理なく楽に弾けるようアドバイスします。特に経験者でピアノを弾くとどこか痛くなる方は、適切な体の使い方を覚えるとかなり改善します。日常生活においても、肩こりなどの不調が改善するかも(!?)

教材は大人用の初心者向け教材があります。1から学べるので、無理なく楽譜が読めるようになります。経験者は体験レッスン時に色々とお伺いして教材やレッスン曲を決めます。

保育士・幼稚園教諭・小学校教諭を目指す方で初めて習う方は、バイエルを中心にレッスンをおこないます。楽典やソルフェージュ、弾き歌いなどのレッスンも必要に応じておこないます。


レッスンスケジュールとレッスン料金

レッスンスケジュールは、「定期レッスン」と「不定期レッスン」から選べます。体験レッスンもできますので、お問い合わせページよりお申し込みください。 ※大学・短大・大学院・専門学校生で定期レッスンをご希望の方は、子供のコースをご覧ください。

定期レッスン:週1回のレッスン
月曜日~金曜日(土日の定期レッスンはできません)
レッスン料金(月額)
45分(バイエル終了程度まで)10,000円
60分(バイエル終了以降)12,000円

不定期レッスン:月のレッスン回数に制限はありません 
平日および土日祝日
レッスン料金(1レッスン)
45分(バイエル終了程度まで)4,000円
60分(バイエル終了以降)5,000円
90分(上級者)7,000円